FC2ブログ
事業再生 コンサルティング:社長応援日記

事業再生・事業支援・会社分割・債務圧縮・事業清算など、中小企業経営者をサポートするNPO西日本 コンサルタントのBLOG

  事業再生 コンサルティング:社長応援日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事例 > 台湾での不正調査7  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾での不正調査7

2011 - 09/19 [Mon] - 20:00

二人並んでカウンターに座った。
幸い、カウンターには他に客は居ない。

「私が何を言いたいのか、理解できますね?」

警備会社の資料をW課長に見せながら、静かに切り出した。
W課長は、あっさりとアルバイトを認めた。

「昇給しない分を自分で補ったのです」

この発言は、不正を行う動機の一つである『正当化』だ。

「もう1年以上前からアルバイトをしています。」

とW課長は言った。

金額にして500万円は下らないようだ。
台湾人の平均年収が100万元(約300万円)らしいので、500万円は決して少ない金額ではない。そして金額は本人の申告であるから、実際はもっと多いのかも知れない。

W課長の言い訳と愚痴を聞きながら、私の頭は猛烈に回転し始めた。

・公認不正検査士は米国では一定の調査権限が与えられているが台湾ではそんな
権限は無い

・そもそも泥酔状態での告白なので後から「意思無能力状態でした」と反論されるかも知れない

・A監査法人のクライアントの目的は、T社長による不正の有無であるはずだ

・そうだとすればW課長の協力を取り付けるのも悪くはない

・しかし、見て見ぬ振りも出来ない

・クライアントの意向をまずは確認するべしだ

W課長には、「悪いようにはしないから」 と言って今日のところは別れることにした。

・・・・・・・・・・・・・ No.8

最後までお読み頂きありがとうございます。
次回もよろしくお願い致します。

【登場する名称・地名・日時等はフィクションとさせて頂きますが、起こった現象は出来るだけ事実に基づいてお伝えしています。】


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nposhien.blog101.fc2.com/tb.php/9-ca1a8b67

 | HOME | 

プロフィール

NPO西日本

Author:NPO西日本
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。