FC2ブログ
事業再生 コンサルティング:社長応援日記

事業再生・事業支援・会社分割・債務圧縮・事業清算など、中小企業経営者をサポートするNPO西日本 コンサルタントのBLOG

  事業再生 コンサルティング:社長応援日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事例 > 石川銀行破綻の爪痕7  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川銀行破綻の爪痕7

2011 - 11/03 [Thu] - 09:00

7.銀行廻り

平成21年7月3日、10ページに及ぶ融資申込書と決算書など厚さにして8センチほどの資料を山のように携えて、朝から銀行廻りをスタートした。

一行につき説明に1時間、質疑に1時間、合計約2時間の内容である。同じ内容の繰り返しと折からの猛暑で、頭が廻らず意識が朦朧としてくる。

元気付けに昼食は好物の蕎麦にしてもらった。翌日も同じ事を繰り返し、合計8か所の金融機関を訪問した。

最初の銀行で指摘されたことを次に訪問する先での説明に織り交ぜていく。

後に行くほど説明や書類が洗練されてくるので、本命の金融機関を午後の最後に訪問する予定を組んだ。この辺りの工夫は、場数の賜物かも知れない。

同じ銀行でも、新任の支店長がいる店を選ぶ。

銀行マンにとって「支店長になる」ことは大きな目標である。
そして支店長のその後の処遇は、支店長として最初に着任した支店での成績で決まってくる。よって新任の支店長には多少無理をしてでも融資の成績を上げようとする心理が働く。

どこの支店の支店長が新任なのかは、日経新聞などに載るのでその情報を活用する。

約1か月の検討の後、訪問した8か所の銀行のうち、3つの銀行が前向きに検討してくれることとなった。

その3つの銀行では、整理回収機構送りになった点は、説明の甲斐があってか、理解を得られたものの、新規取引なのでどの金融機関からも保証協会の利用を条件とされた。

焦げ付いた場合に、金融機関が貸し付けた金額の80%を保証協会が負担してくれるからである。

・・・・・・・・・・・・・ No.24

最後までお読み頂きありがとうございます。
次回もよろしくお願い致します。

【既に報道され公となっている名称や事実以外は、プライバシー考慮保護の観点からフィクションとさせて頂きますが、起こった現象は事実をお伝えしています。】


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nposhien.blog101.fc2.com/tb.php/26-47285202

 | HOME | 

プロフィール

NPO西日本

Author:NPO西日本
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。